<< バス旅行 | main | KOYO祭 >>
2014.10.25 Saturday

「知的障害者の性とその支援」 勉強会

親としてもどこかあまり直視したくない、触れたくない、先延ばしにしてしまう、また「寝た子を起こす」ではないけれど、子どもともそういう話題を何となく避けてしまい、子ども自身にも性について肯定的に学ばせる機会がとても少ないように思います。

そんななか、
日本障害児性教育研究会の山本良典先生を講師にお迎えし、「知的障害者の性とその支援」をテーマに勉強会を開催しました。
知的障害者の性の問題はともすればタブーと扱われるが、性教育とは特別な教育ではなく、「男性として」「女性として」どう行動するか、対人関係やコミュニケーションなどいわば「人間関係を学ぶこと」と捉える事が出来ると山本氏。
主に以下の内容について、お話をいただきました。

 ・性的な行為・状況を禁止ではなく肯定的にとらえ、基本的権利として認めていくこと。
 ・問題行動を『やめさせること』が支援ではない。本人が居心地良くいられることを支えるのが支援。
 ・“精神年齢”ではなく、“生活年齢”で接すること。
 ・自分と相手、プライベートとパブリックという区別をつける。
 ・対人関係や他人との距離のとりかたを教えていくことで、彼らが地域で生きやすくなる。

 

 
多くの事例を交えたわかりやすいお話にどんどん引き込まれる感じで、2時間30分という時間があっという間に感じられました。
他の参加者の方も
先生のお話に熱心に耳を傾ける姿、うなずく様子があちこちで見られるなど、勉強会中の参加者の反応が大変顕著に感じられました。 
 

 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM